業者のマイナンバーソリューションを利用

マイナンバー制度が始まり会社での運用も始まっています。
この制度は個人番号を与えてその番号で社会保障や税金の手続きを行うことが出来るというもので、みんなが同じように公平で公正になるように開始された制度なのです。
会社での運用はひとつの業務として流れを作って対応しなければなりません。



またマイナンバーは特定個人情報ということでより厳格な管理が必要になるために安全管理措置を行なった上で収集管理しなければなりません。
収集するためにも規程を作って従業員に説明をして個人番号を集めて本人確認します。

また従業員の扶養家族についても個人番号を集めて管理をしなければならないのです。

YOMIURI ONLINEを知りたい方必見の情報を集めました。

管理をするためにも安全管理措置を実施することが必要になります。
番号を取り扱う担当者は誰なのか、管理するためにシステムを利用する場合、セキュリティに問題はないか情報が守られるように管理しなければなりません。


このような仕組みは外部の業者が専門で行うことが出来るようなソリューションとして作り上げているものを利用する方法があります。


マイナンバーソリューションということで会社で仕組みを考えて運用するよりはるかに早く安全に管理をすることが出来るのです。

マイナンバーのBPOの詳細についてはこちらです。

マイナンバーの収集管理といった業務を外部にアウトソーシングという考え方ですが、ソリューションとしてノウハウを持っている外部業者の方がリスクが少ないということなのです。

今後制度に変更があっても早く対応できるというメリットもあります。